Admin New entry Up load All archives

Midnight25

X-E1 目白 ル・ヴァンキャトル 

 滅多に行かないエリアですが、目白で良さげなフレンチを見つけました。

DSCF_X-E1_07823.jpg

 行きは池袋駅からタクシー、帰りはJR目白駅まで歩いて戻りました。

DSCF_X-E1_07824.jpg

 こじんまりした店ですが、アットホームで落ち着いた雰囲気。フレンチ初心者でも入りやすい店ですね。

DSCF_X-E1_07822.jpg

 ワインはコース料理に併せてお店の方に選んでいただきました。

DSCF_X-E1_07827.jpg

 ワインもお料理も美味しかったです、またこのエリアに来たら再訪決定ですね。

DSCF_X-E1_07829.jpg

 さてゴルフの話に戻りますが、GWにドライバーを買い換えた後、ずっと悩んでいたUTも買い換えることにしました。

DSCF_X-E1_07830.jpg

 ドライバーはキャロウエィのEPIC STAR、フジクラのSpeeder EVOLUTION3が刺さったモデル。UTはオノフの赤にラボスペックのSHINARI70が付いたモデルと今回はちょい拘りました。

DSCF_X-E1_07833.jpg

 ですが、前に使っていたゼクシオに比べるとどちらもかなりのハードスペックです。試打した時には良い感じだったのですが、いざ練習場で使ってみると中々当たりません。

DSCF_X-E1_07834.jpg

 ということでデビューまでかなり打ち込みました、でも慣れてくるんですね。

DSCF_X-E1_07837.jpg

 ようやく両方ともコースで使える目途が立ちました、長く使っていきたいです、

DSCF_X-E1_07839.jpg

ル・ヴァンキャトル

東京都豊島区目白2?3?3 目白Yビル 1F

03-5957-1977

category: X-E1

CM: 0 TB: 0   

X-E1 ザルツブルグ観光 その3 

 ザルツブルグでの観光の最終編です。

DSCF_X-E1_08407.jpg

 ケーブルカーに乗り込み、ホーエンザルツブルク城に向かいます。

DSCF_X-E1_08414.jpg

 歩いても行けるみたいですがこの暑さではとても無理ですね。

DSCF_X-E1_08416.jpg

 城塞は長い歴史の中で色んな戦いを経てきたんでしょうね、歴史の重みを感じます。

DSCF_X-E1_08420.jpg

 展望台は風が心地よいです、眺めも抜群。

DSCF_X-E1_08423.jpg

 城塞ではミニコンサートを聞いたりしてのんびり過ごします。

DSCF_X-E1_08424.jpg

 下山した後は馬車にて移動します。馬車に乗るなんて小学生以来かも。

DSCF_X-E1_08437.jpg

 馬車に乗って向かった先はヘルブルン宮殿、水のきれいな庭園でした。

DSCF_X-E1_08441.jpg

 これでこの日のツアーは終了、みんなで夕食を食べた後、バスでウィーンまで戻りますが、着いたら23時半でした、疲れました。

category: X-E1

CM: 0 TB: 0   

X-E1 ザルツブルグ観光 その2 

 ザルツブルグ観光の第二弾です。

DSCF_X-E1_08383.jpg

 橋を渡って旧市街に入ります。色んなお店が並ぶ商店街。

DSCF_X-E1_08385.jpg

 モーツアルトの生家に入ります、狭い階段を上っていきますが大勢の人で大混雑です。

DSCF_X-E1_08386.jpg

 中は撮影禁止とか、部屋から旧市街を除いたところ。

DSCF_X-E1_08393.jpg

 レジデンツ広場で一服します、それにしてもこの日は暑い日でした。

DSCF_X-E1_08395.jpg

 これがらケーブルカーに乗ってホーエンザルツブルク城塞に向かいます。

DSCF_X-E1_08402.jpg

 ところで先日、グレンオークスでのコンペでやっと自己新を更新できました。42/44 合計86、パットはなんと33パットで抑えることができました。寄せからのワンパットでずいぶん救われたと思います。

DSCF_X-E1_08405.jpg

category: X-E1

CM: 0 TB: 0   

X-E1 ザルツブルグ観光 その1 

 昼に羽田空港を出発、ミュンヘン経由ウィーンに到着したのは現地時間で夜の21時。

DSCF_X-E1_08348.jpg

 日本時間に直すと朝の4時、およそ15時間かかりました、長旅です。

DSCF_X-E1_08354.jpg

 次の日は朝から電車でザルツブルグに移動、この日はザルツブルグ観光です。

DSCF_X-E1_08362.jpg

 ザルツブルグと言えばモーツアルトが有名ですが、指揮者のカラヤンや物理学者のドップラーなども生まれた街としてよく知られているとか。

DSCF_X-E1_08367.jpg

 下の写真はカラヤンの生家です、銅像はもちろんカラヤン。

DSCF_X-E1_08368.jpg

 シュターツ橋を渡って旧市街に向かいます。

DSCF_X-E1_08372.jpg

 この橋の金網には何故か南京錠が一杯ぶら下がっています。何かのおまじないなのでしょうか。

DSCF_X-E1_08378.jpg

 その2に続きます。

category: X-E1

CM: 0 TB: 0   

X-E1 麻布十番 哲庵 

 一見、地味で小さな店ですが、ご主人の料理の腕は確かです。ここ哲庵には1年に一回位のペースで来ているかな。

DSCF_X-E1_07714.jpg

 とにかくご主人ひとりで切り盛りされているわりには手際よく全く不都合は感じません。西麻布にあるき久ちもそうですが、一人で切り盛りするというのは経営的には究極に効率が良いということです。

DSCF_X-E1_07716.jpg

 段取り上手ということが大前提ですが、こういう方はサラリーマンでも効率よく仕事できるんでしょうね、羨ましい限りです。

DSCF_X-E1_07720.jpg

 しばらく更新をさぼってしまいましたが、先週日曜日から今週木曜日まで欧州出張に行ってきました、現地3泊のみの弾丸出張ですが、

DSCF_X-E1_07722.jpg

 現地ではお客さんたちと一緒に観光もしました、その様子は後日アップしたいと思います。

DSCF_X-E1_07726.jpg

 ところで先々週は江戸崎カントリーの東コースでプレーする機会がありました。

DSCF_X-E1_07728.jpg

 名門コースで一度は行ってみたいと思ってたのですが、結果は惨敗でした。

DSCF_X-E1_07730.jpg

 砲台グリーンにガードバンカー、とにかく2ndショットをちょっとでもミスるとすべてガードバンカーに捕まります。ここのコースに結果オーライという言葉はないですね。

DSCF_X-E1_07731.jpg

 バンカーに何ホール入れたでしょうか、またバンカーでいくつ叩いたでしょうか、加えどれだけ3パットを打ったでしょうか。とにかく今まで頑張った練習をすべて白紙にせざるを得ないような酷い内容でした。

DSCF_X-E1_07733.jpg

 またリベンジしたいけど、こういうコースに来るにはもっともっと練習することとゴルフ脳を徹底的に鍛えることが必要ですね。

DSCF_X-E1_07734.jpg

 欧州出張の良き帰りの長いフライト中、今までダウンロードしたゴルフ本をすべて読み返しましたよ。

DSCF_X-E1_07735.jpg



哲庵

東京都港区麻布十番1丁目5-26

category: X-E1

CM: 0 TB: 0